こでんメモリ。

可愛いOL部の日記帳と部録

言葉って面白い。日本語って素敵、ってお話


スポンサードリンク

 

 

こんにちは、可愛いOL部のこでんです。

 

 

先日、戸田奈津子さんのお話を聞いて、

こんな記事を書きました。

 

coden.hatenablog.com

 

今回、戸田さんのお話を聞き、以前はなんとなく

目で追うだけだった字幕に対する思いや観かたが

変わりました。次に映画を字幕で観るときは

「この字幕がつけられたときに、

 どんなストーリーや想いがあったんだろう。」

と考えながら観るという楽しみも増えました♥

 

 

他にも、普段私たちが目にしている映画のお話も

混ぜながら、「ほうほう!」と頷きが止まらない、

面白いお話も聞けたのでご紹介したいと思います♥

 

 

 

戸田奈津子さんが教えてくれた映画と言葉

 

 

 

昔の映画は、フィルムだったので、

編集のきかない1本勝負でした。しかし、

今はディスクになり、制作発表の1週間前まで

シーンの追加や取消が舞い込むそうです。

 

 

映画は、あくまで、「画面」を観るものです。

字幕を追いかけることに持っていかれてしまうと

楽しめないので、文字数にも決まりがあるそうです。

 

 

例えば・・(英語に不慣れな例えですが)

「Alexander came back to Los Angeles.」

というセリフに字幕をつけるとしたら、

直訳してしまうと、とても長いです。

【アレグサンダーはロサンゼルスに帰ってきたよ。】

これを字幕にすると、読むだけで精いっぱいで、

映像に目がついていきません。このような場合、

【彼は街に帰ってきた。】

と、字幕にするそうです。ここが、

翻訳家の文章力の見せ所なのだそうです。

 

 

また、英語では一人称は「I / You」

でも、日本語だと

「私 僕 俺 / あなた 君 彼 彼女」

一人称にもたくさんの言葉がありますよね。

翻訳をしていくときには、まずは映画を観て

キャラクターやシチュエーションなどを掴み、

そして字幕をつけていくそうです。

 

 

ですので、捉え方が複数あると話が繋がらず、

変わってしまうことから、最後まで一人で

訳すそうです。とても大変なお仕事ですが、

そこも日本語の素晴らしさで、面白いところ

だとお話されていました♥

 

 

いやぁ、日本語って面白いですよね。

単語も言い回しもたくさんあるから、

同じ内容でも書く人によって変わってきます。

 

 

今回、戸田さんのお話を聞き、改めて日本語が

大好きになりましたし、もっともっと自分の

文章力や表現力を上げたいと思いました。

 

 

たくさん読むこと、書くこと。

そして自分の言葉で伝えていくこと。

 

 

当たり前のように毎日使っている日本語で、

私なりのメッセージをもっと伝えられるように

日本語のお勉強と文章力アップにつとめます♥

 

 

 

【その他、素敵な学び体験はこちらです♪】

翻訳の世界で活躍するあの方から教わったこと

ミュージカル「シカゴ」観てきました

ブロガー新年会に参加してきた話。

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

coden.hatenablog.com

 


スポンサードリンク