こでんメモリ。

可愛いOL部の日記帳と部録

「私はこんなに頑張ってるのにッ!」←この主張にどう答えたらいいのかな。


Sponsored Link

f:id:coden:20160729203947j:plain

こんにちは、可愛いOL部のこでんです。

 

 

今週は調子良かったなぁというかたも、ストレスフルでぜぇぜぇしているかたも、華金、どうもお疲れ様です♥

今日は朝から事件が発生しましてね。私の先輩OLが役員さんを怒らせたのです。

 

 

話はこんな感じです。

昨日、役員は取引先のAさんと会合で、夕方ごろに出かけていきました。

 

 

そこへ取引先のBさんから電話が。電話を取った先輩OLは、「御社のAさんとお出かけしましたヨ。」

それを聞いたBさん、翌日(今朝ですね。)役員に電話で言いました。「昨夜、Aさんと飲んでいたんですね!」と。

 

 

なんでも、取引先のAさんとBさんは、同じ会社でも違うテリトリーにいるお偉いさんのようで、役員は双方とお付き合いがあることを、あまり大っぴらにしたくはなかった模様。Bさんとの電話を終えた役員は、先輩OLに言いました。「あまり無駄なこと喋らないでくれる?」×3かーなりキツめでした。私がくらったら泣く。

 

 

ここで、私目線での解釈はコチラです。

 

 

先輩OL:Bさんは役員とAさんと合流したくて電話をしてきたと思った。良かれと思い、親切心で教えてあげた。

 

役  員:余計なことを言いやがった。取引先とも気まずい。

 

 

先輩OLは、親切すぎだろというくらい親切な人です。それもその親切に対して恩着せがましさ自信とプライドがあります。もちろん、私もたくさん助けていただいたこともあったのです。けれど、私には、それがちょっと行き過ぎた親切のように見えるときもあります。

 

 

例えば、有給の人宛に掛かってきた電話に代わりに答えようと、その人の机の上から引出しまでバンバン開けてでも資料を探したりします。双方の信頼関係や緊急度にもよりますが、私の中の常識では、人の机を勝手に漁ることはあるまじき行為です。このように、行き過ぎ・介入しすぎの親切が多いんです。

 

 

私が出張で営業所周りをしたときも、「こでんちゃんをランチに連れてってあげてね♪」って営業所の女性に(勝手に)お願いしてくれました。いやぁ、それくらい言えるよね。自分で。私ゆとりだけれど社会人。さすがに。はたまた「自分では言い出しづらいと思って・・」と、女性社員の妊娠報告を言いふらしちゃったり(笑)

 

 

こうして書いてみると、彼女の独走状態。

 

 

彼女はよく言います。「私はこんなに頑張ってるのにッ!」その頑張りの報酬は、おそらく、

 

・どうして認めてくれないの?

・どうして評価してくれないの?

・どうしてお返しくれないの?

・どうして感謝してくれないの?

 

このあたりでしょう。ただ、こんなに頑張っているのに辛いと思うときって、その“頑張り”の見直しが必要だと思うんです。

 

 

相手に頑張ってってお願いされたわけじゃないし、求められたわけでもない。それでいて見返りを主張されてもこちらとしては寝耳に水なんですよね。私も昔、「私はこんなに頑張ってるのにッ!」と思った時期がありました。

 

 

「上司がしょっちゅう休むのに私ばかり頑張っている。どうして?クソ!」そう思っていました。でも、その頑張りって誰に言われたわけでもなく、自分で勝手に頑張って苦労していたことだったので、もういいやぁ!と諦めました。だから今では残業もしないし、有給もぜーんぶ消化しています。

 

 

「私はこんなに頑張ってるのにッ!」この主張にどう答えたらいいのかな。私にできることは、頑張りに対するお返しではなく、頑張りから解放させてあげることなのかも知れないです。でも、先輩にそんなこと言えない。ああっ。

 

 

おわり。

 

 

 

【どうするか、よりも、どうしたいか。】

20代の私が恋愛できない理由あれこれ

私が可愛くいるためにやめた“面倒女子発言”

会社にいると腐りそうだなって感じたときの対策

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

  

coden.hatenablog.com


Sponsored Link