読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こでんメモリ。

20代の東京OLが発信する等身大メモリーと、可愛いOL部長としての自己満な部録(部員はまだひとり。)

いい“空気”とか嫌な”空気”とかって言いますよね。


スポンサードリンク

 

こんにちは、可愛いOL部のこでんです。

 

集団生活を送る中で、

「ここは空気が悪いな。」とか、

「すごく穏やかな空気だな。」など、

自分の気分とは関係のない空気に

良くも悪くも左右されることがあります。

 

気分が良かったのに、この空気のせいで

イライラモードになった・・なんて経験も

一度はあるのではないでしょうか。

 

集団生活の例として、会社ですよね。

バラエティ豊かすぎるほど育った環境も年齢も

フィーリングも、ギャップだらけです。

 

会社の空気って毎日カラフルだなぁ、

初めてのにおいだなぁ~、と呼吸をしながら

こでんはいつも楽しくOLしております。

 

そこで、私なりの空気分析をしてみました。

そして、“可愛いOLらしい”空気の

作り方や呼吸方法なども考えてみました。

 

 

集団の中で空気がつくられる3つの条件★

 

 

1、キーマンの存在

→いい空気:感じのいいムードメーカーがいる

 悪い空気:苦手・嫌いな人がいる

 

2、環境

→いい空気:居心地のいい環境にいるとき

 悪い空気:緊張をともなう環境にいるとき

 

3、できごと

 

→いい空気:いいことが起きているとき

 悪い空気:悪いことが起きているとき

 

⇒上記3つの条件のひとつでも感じた場合、

それが自分の“空気”になります。

更に、“空気”に呑まれた周りの人たちで

その場の空気感が出来てしまいます。

 

一仕事終えたあとの打ち上げの空気が

最高に良く感じたり、面接会場の空気が

張りつめたように感じる、あのイメージです。

 

記憶が引き起こす空気感も多いのです。

「あの会議は空気悪いから、やだやだ~」と

言っている本人から変な空気が漂っていたり。

「だから毎回変な空気なんだよ」と言いたいです。

前回の学習から、恐れて、思い込むことで

嫌~~な空気を発してしまうのです。

 

ただ、思い込むことでも空気感を作れるのなら、

可愛いらしい空気を醸し出したいと念じることで

その願いは叶うのかも知れません。

 

 

“可愛いOLらしい”空気の作り方や呼吸方法

 

 

「空気が読めない人」っていいな、と思います。

迷惑な言動をする「空気が読めない人」ではなく

空気に流されないことを意識できるような、

「悪い空気が読めない人」って、

何だかすごく可愛いじゃないですか。

 

いい空気には呑まれればいいし、

悪い空気に呑まれるのは仕方がない、

せめて自分からは悪い空気を出さないように

意識ができると、いい流れができます。

 

いい空気の持ち主って、きっと常に

周りの空気に呑まれないような強さが

あるのかな、と思います。

こでんも、いい空気の持ち主を目指します♥

 

 

 

【その他、可愛い発想転換系の記事です♪】

裸の王様から学んだ、裸の在り方。

“1分長く”丁寧に過ごしてみる

どんな働き方が1番偉いの?

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

coden.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

スポンサードリンク