読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こでんメモリ。

20代の東京OLが発信する等身大メモリーと、可愛いOL部長としての自己満な部録(部員はまだひとり。)

2016年現在の私の恋愛観を残すために書いた記事。

恋バナ 私のこと

スポンサードリンク

 

 

こんにちは、可愛いOL部のこでんです♥

 

 

2016年ももうすぐ終わりで、私は年明けには26歳になります。

人生が本みたいになっているとしたら、20代前半という見出しのラストスパートを書いている感じで、とくにオチはないんですけど、終わりが見えそうです^^♥

 

 

f:id:coden:20161209144952j:plain

 

 

今日は恋バナです。

20代前半の恋愛や、恋愛によって自分が変わったことなどを振り返ってみます。

 

 

ここ5年間の私の恋愛は、一言でいうと自己投資みたいなものでした。

(お世話になった全ての人たちに心からの感謝を。♥)

「さっぱりしてんなー」と自分でも思いますが、それは“今となっては”な話だからであって、ぶつかったり、振られたり、都合よく扱われたり・・・などなど、嫌なことには怒ったり、この世の終わりみたいに泣いたりもしました。

 

 

破天荒だったのは20~23歳くらいのときで、当時は年上の女性との出会いも多く、とにかく大人に興味津々でした。

 

 

参加したセミナーで知り合った年上女性が、こんなことを言っていました。

「25歳くらいになるとねー、1回結婚に焦ったりすることがあるけど、それを越えると焦らないよ♪」なんてことを話していて、当時の私は「???」でしたが、なんだかわかるような気がしています。

 

 

今25歳で、周りはボチボチ結婚や出産をして、おそらく多くの人が望むであろう、“目に見える女性としての幸せ”を手に入れる姿を見ると、焦りましたね。

「この人と一緒にいたい」というよりは「とにかく結婚して見栄を張りたい&自慢したい」というエゴが独り歩きしちゃって、他の男性と彼氏を比べてダメ出ししたり、同棲しては半年で終了したりもしました。

 

 

で、どうして見栄を張りたい&自慢したいと思っていたのかと言うと、自分に取り柄や自信がないと思い込んでいたからなんですね。

だから意思に反してでも頑張りすぎちゃうし、ムッとしても「大丈夫!」って笑ってしまう、そんな私を好きになる男性は多かったけど、無理する女を好きになる男はかっこよくないし(惹きつける私が問題)、それじゃ私は幸せと言えないわけで、本当に心からお互いが幸せな恋愛をするためには、もっと自分に正直になろうと思ったのも去年の終わりくらいからでした。

 

 

どうせ一番可愛いのは自分なんだから、「私って可愛い」って公言するし、「私を好きな人が好き」とか言ったりします。

あと、嫌なことは「いや」って言うように頑張っています。

すると、不思議と出会う男性は素敵な人ばかりだし、弱くて変な男性が近づかなくなってきたんですね。

 

 

これが男女の”引き寄せ”であって、“めぐりあわせ”なのかな、って思うと、今まで終わった恋愛はもっと幸せになれる伏線のような気がするし、結婚ができないのは、なんなら結婚しないほうが私は幸せに生きられるからなのかなって思えてきてしまい、まじで「25歳を越えると結婚に焦らなくなる説」が本当になろうとしています。

 

 

とにかく、自分らしさはおさえないで。我慢しないで。 

まだ見ぬ20代後半。後半もどーんと可愛く、全力に、光れ!

 

 

おわり♥

 

 

 

【こんな記事も書いています!】

私らしく。自分のワガママは、一番に自分が聞いてあげよう♥

冷凍の牡蠣を1キロ買ったらひとり鍋生活がはかどって仕方ない!

【ディズニーシー初心者】そうだ、冬は大人のシーに行こう!

 

ランキングに参加しています♪

クリックしていただけると嬉しいです♥

にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

coden.hatenablog.com

広告を非表示にする

スポンサードリンク