こでんメモリ。

可愛いOL部の日記帳と部録

一生忘れない、先輩驚かせてゴメンネだったバレンタインデーの出来事


スポンサードリンク

f:id:coden:20160209114048j:plain

こんにちは、可愛いOL部のこでんです♥

 

 

エチカにズラリと並ぶハッピーバレンタインフェアの甘い香りたちを毎日、流し目でかわしている私ですが、先週末にGODIVAでバレンタイン用のギフトを一つ買いました。大好きな友人への誕プレとしてですがね♥

 

 

さて、毎年この時期になると思い出すのは、こでんが小学校5年生のとき、先輩にチョコを渡したことです。(先輩は、1つ上の6年生でした♪)今年も当時のエピソードを懲りずに思い出してみます。

 

 

先輩、驚かせてゴメンネだったバレンタインデー

 

一目惚れだったあの先輩にチョコを渡そうぜ!

好きな先輩はきっと、私の名前を知らないです。外でバスケをしている姿を教室の窓からボォーっと眺めるだけの、恋にあまちゃんな私なのでした。でも、4月から先輩は中学生になってしまうので、渡せなかったとしてもいいから、チョコを作って先輩への想いをちゃんと形にはしようと決めました。

 

 

それで、チョコを作りました。

バレンタイン当日の放課後、玄関の前で友達と手作りチョコを抱え先輩の帰りを待っていました。

ところが、いくら待てど、先輩は出てきません。先に帰ってしまったのね(泣)と、残念でしたがこでんたちも学校を後にし、友達の住んでいるマンションのロビーで反省会。「チョコ、みんなで食べようか♥」と、諦めようとした、そのとき・・

 

 

チャンス、向こうから、来たる。

夕日をバックに、憧れの見慣れたシルエットがこちらに向かって歩いてきた。マンションの扉をくぐり、ロビーを通り過ぎて、エレベーターへ。「先輩だぁぁ!ここに住んでいたの!?」と、こでんも友達も、ビックリでした。何を思ってか、咄嗟の判断でエレベーターに同乗。

 

 

ここから沈黙の数秒間が始まりました。

 

 

ひとり、またひとりとエレベーターを降りていき、途中で友達も、「あとは頑張ってね♥」と言って降りてしまいました。頭の中が、真っ白でした。

でも、ここまで来てしまうと、あれこれ考える余裕もなくなるので、渡そうって思えてきてしまったのです。

エレベーターの中で、「受け取ってください。」とチョコを渡しました。彼は受け取ってくれました。

 

 

20階のマンションの19階のところで扉が開き、こでんはいちもくさんに走って逃げました。彼はここに住んでいるのでしょうね。チョコを渡せた嬉しさと、渡しちまった恥ずかしさを忘れたくて、すさまじいスピードで非常用のらせん階段を19階から1階まで猛ダァァアァァアアッシュ!

 

 

そんな感じでした。

 

 

きちんと想いを言葉にはできなかったのですが、本当に良かったバレンタインの思い出です。何が良かったって、一方的だけれども、好きって気持ちを本人に伝えられたことです。“チョコを渡したかったな。”って後悔するよりきっと良かったです♥チョコを受け取ったときの彼のキョトンとした顔を、一生忘れないです。

当時は小学生。今の私にとってはすごく幼くて可愛いなって思えますが、あの日の私にとっては人生で一番勇気を出した瞬間でした♥

 

 

今思えばただのストーカー迷惑行為です(笑)しかも知らない女からの手作りチョコだなんて身震いレベルだと思いますね。ごめんなさい。

 

 

そんな思い出話でした♪

 

 

さて、エチカのバレンタインチョコがセールになる日を待ちますかね。可愛い自分用にね。

 

 

【いい恋は、きっとひと皮むける♪】

女子の反応って可愛いほうが嬉しいよなぁ、という話

結婚がしたい!乙女心の深みは意外とシンプルに。

ボーナスデーと、良かった出会いの話

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

coden.hatenablog.com

 


スポンサードリンク