こでんメモリ。

20代の東京OLが発信する等身大メモリーと、可愛いOL部長としての自己満な部録(部員はまだひとり。)

先輩OLの観察力は凄かった!


スポンサードリンク

 

こんにちは、可愛いOL部のこでんです。

今の会社でゆったり仕事を初めて4年目。

ありがたいことに先輩OLの皆様からは

とても親切にしていただいています。

 

 

最初は先輩OLってコワイと思ってた

 

 

こでんは高校卒業後すぐバスガイドの仕事に

就きました。バスガイドの先輩は独身の人が多く、

年齢も近いし、話も合う人がたくさんいたので

女だらけの環境でも、足の引っ張り合いなどは

ありませんでした。

 

次に就いたベンチャー企業では営業事務で、

ちょっと抜けた男ばかりのチームで、

ガヤガヤと忙しい環境で仕事をしていました。

 

そんな経験があったので、今度はゆったりと

ドラマに出てくるOLのような、激務ではなく

制服を着てほのぼの仕事をする

老舗企業にしよう!と思い、今に至るのです。

 

前置き長くなりましたが、今の会社に入るまで

全く予想していなかったことがありました。

「お母さんに近い年齢の女性もいる」ことです。

こでんのお母さんも“働くママ”ですが、

目の前にいるのはお母さんではなく先輩。

貫禄、身のこなし、仕事、全てにおいて完璧だし

ママ以外の大人の女性を知らなかったし(笑)、

当時は存在だけでコワイと思ってしまいました。

(ごめんなさい・・・。)

 

 

半年くらいで変わってきた。

 

 

ゆったりと仕事を初めて半年くらい経った頃、

どんな会社にでもあるでしょう、“独特のルール”

について、こでんは疑問を感じ始めました。

新卒でゼロからその会社に染まっていければ

違和感はないと思うのですが、中途入社なので

前の会社の余計な知恵や経験も頭にあるので、

“フンワリ馴染みながらも自分らしい働き方”

について色々と考えている時期でした。

 

そんな悟りを知ってか知らずか、

先輩OLさんは私に親切にしてくれました。

仕事している姿だけで私の性格とかって

割と見抜かれているものなんだなぁ、って

驚いたのと、とにかく嬉しかったです。

 

ただ、先輩OLに媚びたり尽くしたりしている

ある女の子に対して、他の部分で何を悟ったのか

アウトオブ眼中です。ゴマスリでは通用しない

割とシビアな世界だというのも感じています。

 

でも、そんなシビアな世界でできることって

空気を読んで、今の自分にできると思う

ベストなフォローや仕事をすることと、

体調を崩すほどに相手に合わせたりはせず、

適度に自分を持つ(大切にする)こと

しっかりちゃっかり楽しい巡りを作ることが

毎日ハッピーに頑張れるコツな気がします♥

 

 

先輩たちとのLINEグループに加入した

 

 

 今回のテーマを記事にしたきっかけは、

先輩方のLINEグループに招待されて、

そこで繰り広げられる会話が面白くて楽しくて

可愛くて、グチを漏らせば全力で励ましてくれる

“可愛いOLパワー”を先輩OLさん方から

いただいたからなのです。

 

先輩OLは、必ず努力している子を見ている。

私もそんな可愛い先輩OLを目指します。

 

ちなみに、前の会社にはこんな先輩もいました。

coden.hatenablog.com

目指すべき人のもとで仕事したいですよね^^

 

 

 

【いい出会いは、いい気♪】

ブロガー新年会に参加してきた話。

言葉って面白い。日本語って素敵、ってお話

オフも出会いも、人を豊かにする♥

 

こでんって本当に可愛いの?自己紹介です!

coden.hatenablog.com

 


スポンサードリンク